コラム

SaaS型のクラウドセキュリティとは?特徴やメリットを解説

SaaS型のクラウドセキュリティとは?特徴やメリットを解説

「SaaS型のクラウドセキュリティ」とは、従来のセキュリティとは違い自社内に機器を配さずクラウド上で通信を保護するサービスのこと。事業者によってさまざまな機能が提供されており、従来型よりも柔軟性に富む便利なものです。

しかし導入を検討する場合には、企業内のITセキュリティについて考える必要もあります。こちらの記事ではSaaS型のクラウドセキュリティの特徴やメリット、導入するときの注意点について解説していきます。

クラウド移行で検討すべき企業のITセキュリティ

オンプレミスからクラウドに移行する際に、企業はセキュリティについて検討する必要があります。そのための2つのポイントについて解説していきます。

情報を他社に預けるということの不安感

自社でサーバーを保有して情報を管理する場合は、情報が他社に渡るということはありません。しかしクラウドサービスを利用するとなると、サービスを提供している事業者に自社の情報が渡るということになります。このことに不安感を覚える企業もあるようです。

提供事業者のセキュリティレベルについて

他社に情報を預けるクラウドサービスの利用で最も重要となるのは、サービスを提供している事業者のセキュリティレベルです。クラウドサービスが一般化した現在では、事業者のセキュリティは強固になってきていますが、どのような体制で情報が保護されているのか、利用を始める前に知っておくことは必要不可欠と言えるでしょう。

アプリケーションのセキュリティを高めることが重要

SaaS型のクラウドセキュリティでは、アプリケーションのセキュリティを高めるようにしましょう。データの管理方法によりますが、もしもデータベース上で管理するタイプであれば、暗号化などを利用してセキュリティレベルを高める必要があります。

SaaS型のクラウドセキュリティとは

クラウドセキュリティイメージ

SaaS型のクラウドセキュリティとは、一体どのような特徴を持つのでしょうか。従来型のセキュリティと比較しながら解説します。

SaaS型のクラウドセキュリティの特徴

SaaS型のクラウドセキュリティの最大の特徴は、通信に対するセキュリティがクラウド上にあるということです。つまり企業のシステム内ではなくインターネット上にセキュリティを配し、企業内で行う通信のすべてをクラウド上にあるセキュリティを通すという仕組みになっています。従来型のセキュリティは自社内に多数の機器を設置していましたが、それらの機器がなくとも、クラウド上で通信を管理することができるようになります。

SaaS型のクラウドセキュリティと従来型セキュリティのコストの違い

SaaS型のクラウドセキュリティは従来型のセキュリティよりも、コスト面で優れていることがメリットです。自社で機器を管理する必要がなく管理費用の削減につながり、そのための人件費も節約できます。特に複数の事業所を持つ企業であれば、すべての拠点に機器を置く必要もなくなり、大幅なコスト削減が期待できるでしょう。

SaaS型のクラウドセキュリティの機能例とメリット

機能イメージ

SaaS型のクラウドセキュリティの具体的な機能例と、それによるメリットについてご紹介します。

GresCloudWAF

GresCloudWAFとは自社向けに防御機能などの設定を変更できる機能です。FQDNやサーバーIPの変更、ブラックリスト・ホワイトリストの設定などを行うことができ、よりきめ細やかでフレキシブルなセキュリティが実現します。ポータル画面から変更すれば、即時適用されるレスポンスの早さもメリットです。

ZIA

ZIAとは通信を監視してサイバー攻撃や悪意のあるアクセスを検知する機能のことです。デバイスごとの管理ではなくアカウントごとにセキュリティ制御を行うため、ノートパソコンを使ってもスマートフォンを使っても、同様に保護された通信を行えることがメリットとなります。

i-FILTER@Cloud/m-FILTER@Cloud

i-FILTER@Cloudとは、セキュアブラウジングが可能になるサービスのこと。サイトをホワイトリストに登録することによって、悪意のあるサイトへのアクセスを制御することができます。またm-FILTER@Cloudを利用することによって、メールの添付ファイルなどに潜む脅威を検出することも可能です。

SaaS型のクラウドセキュリティで手間とコストを削減可能

パソコンイメージ

SaaS型のクラウドセキュリティとは、従来のセキュリティサービスとは異なり、自社内に多数の機器を設置する必要はありません。もちろんそのことによって機器を管理する手間を省けるだけでなく、管理にかかるコストや管理者の人件費までをも削減可能。手間とコストを削減しながら、セキュリティレベルを高めるためのサービスです。

ただしSaaS型のクラウドセキュリティを検討する場合には、企業内のITセキュリティについて見直すことも必要です。情報を他社に預けることになるため、提供事業者のセキュリティレベルを厳しく判断し、信頼できる事業者に預ける必要があるでしょう。

関連記事

まだ関連記事はありません。

トップページへ戻る

販売代理店様向け
(お試し版)Web/ネットワーク診断サービス
初回無償キャンペーン!!

販売代理店様よりご紹介のお客様向けに、
グレスアベイルが、お試し版Web/NW診断サービスを初回無償にてご提供いたします。

詳しくはこちら

当社のサービス、サポート、採用に関するお問い合わせやその他のお問い合わはこちらから承ります。
ご希望に添えるよう柔軟にご提案・対応しておりますのでお気軽にこちらよりお問い合わせください。

Contact us