コラム

クラウドセキュリティとは?従来のITセキュリティと比較した特徴

クラウドセキュリティとは?従来のITセキュリティと比較した特徴

クラウドセキュリティとは、ITセキュリティに変わる存在として現在大きな注目を集めているサービスです。ITセキュリティよりも低コストで導入しやすく、スピーディーでフレキシブルな対応ができることが最大の特徴。しかし導入する前には、セキュリティ上のリスクも把握しておく必要があります。

そこでクラウドセキュリティとはどのようなサービスなのか、ITセキュリティとの違いやリスクも含めて解説していきます。

クラウドセキュリティとはどんなもの?

クラウドセキュリティとは、情報の盗用・漏洩・削除を予防するためのセキュリティサービスのこと。主な特徴は次の2点となります。

クラウド上で情報を管理

クラウドセキュリティとは、社内サーバーではなくクラウドで情報を管理するセキュリティシステム。物理的なサーバーなどを設置する必要がなく、インターネットを利用してデータセンター内にて安全に情報を管理します。

セキュリティツールによって情報を監視

サーバーやストレージ機器を必要としないクラウドセキュリティでは、セキュリティツールを用いて情報を保護します。大規模な設備ではなくソフトウェアによる管理なので、簡単に導入できる点がメリットです。

従来のITセキュリティとクラウドセキュリティの違い

データセンター

それではクラウドセキュリティとは、従来のITセキュリティとどのように違うのでしょうか。

情報が保管されるデータセンターの違い

従来のITセキュリティでは社内のデータセンターに情報が保管されていましたが、クラウドセキュリティの場合はサーバーやストレージ機器を社内に設置する必要がなく、サードパーティーのデータセンターを利用します。

スケーリングと投入時間の違い

スケーリングと市場投入にかかる時間は、ITセキュリティよりもクラウドセキュリティの方がスピーディーです。そのためITセキュリティより導入が容易で、要求される処理に対する柔軟性が高いという違いがあります。

先行投資とコストの違い

ITセキュリティと比較して、先行投資額とランニングコストが低いことも大きな違いとなります。クラウドセキュリティとは施設やハードウェア管理のコストがかからず、使用した分のコストだけが必要となるサービスです。

クラウドサービスの利用で考えられるセキュリティ上のリスク

リスク

クラウドサービスを利用する上で考えられるセキュリティ上のリスクは次の2つです。

通信による情報漏洩のリスク

クラウドサービスとはインターネットを介したサービスであるため、通信途中の情報盗聴・漏洩のリスクがあります。従来のITセキュリティとは違い、クラウドサービスであるからこそのリスクです。

人為的ミスによる情報流出のリスク

クラウドサービスを提供している事業者側の人為的ミスによる情報流出のリスクが考えられます。システムの操作ミスなどによって、情報が流出する、消失するなどのリスクがあるでしょう。

クラウドセキュリティ対策のポイント

セキュリティ

クラウドセキュリティ対策を行うためのポイントは次の5つです。

情報の保管場所を把握すること

クラウドサービスとは世界中にデータセンターを持つサービスですが、情報が保管されている場所を把握しておくことで、各国の法制度の違いによる問題を避けることができます。

情報を暗号化すること

インターネットを介するクラウドセキュリティ対策では、通信中に情報盗聴のリスクが高まります。情報を暗号化することは必須であり、さらに最先端のサイバー攻撃対策に対応しているシステムが理想です。

アクセス制御を行うこと

不正アクセス・情報漏洩のリスクを減らすためには、アクセス制御を行うことが大切です。ワンタイムパスワードの活用などがアクセス制御の手段として適しています。

環境をセキュアにすること

OSやアプリケーションなどの環境をセキュアにしておくことも、クラウドセキュリティ対策として欠かせません。セキュアな設定にすることを怠ると、情報盗用やマルウェア感染の可能性が高まります。

クラウド事業者のセキュリティ体制を把握すること

クラウド事業者を選択するときはセキュリティ体制をしっかりと把握し、コストやサービスだけで選ばないようにしましょう。グレスアベイルのように、ホワイトハッカーが所属している専門的な事業者がおすすめです。

クラウドセキュリティのリスク軽減には対策が重要

セキュリティ

インターネットのクラウド上で情報を管理するクラウドセキュリティとは、低コストで導入しやすく、ITセキュリティよりも優れた面が目立つサービスです。しかしインターネットを介するサービスだからこそ、通信回線上での情報盗聴のリスクもあり、ITセキュリティとは異なる部分でのセキュリティリスクが高まります。

クラウドセキュリティのリスクをカバーするためには、情報の暗号化やセキュアな環境を構築すること、アクセス制御を行うことなどが大切ですが、やはりクラウド事業者のセキュリティ体制を把握することが最重要ポイントです。コストだけではなく、強固なセキュリティ体制が敷かれている事業者を選びましょう。

関連記事

まだ関連記事はありません。

トップページへ戻る

販売代理店様向け
(お試し版)Web/ネットワーク診断サービス
初回無償キャンペーン!!

販売代理店様よりご紹介のお客様向けに、
グレスアベイルが、お試し版Web/NW診断サービスを初回無償にてご提供いたします。

詳しくはこちら

当社のサービス、サポート、採用に関するお問い合わせやその他のお問い合わはこちらから承ります。
ご希望に添えるよう柔軟にご提案・対応しておりますのでお気軽にこちらよりお問い合わせください。

Contact us